熊本県や大分県など九州地方に大きな被害が出た地震を受けて沖縄県は18日午前、支援対策本部を設置した。翁長雄志知事が議長を務め各部局長で構成。第1回本部会議が同日県庁で開かれ、現時点の各部局の支援内容を共有して引き続き情報収集に努め、被災地などの要請に応じて支援していくことを確認した。