県の待機児童対策の一環として、認可外保育施設の認可化に向けた経営指導など保育の受け皿づくりの拠点となる「県保育士・保育所総合支援センター」(那覇市小禄、知花聡センター長)が昨年12月25日、開所から1カ月を迎えた。この間、193件もの相談が寄せられた。