仲井真弘多知事が辺野古埋め立てを承認した経緯を調べる県議会の百条委員会は21日、知事本人を証人喚問した。通常の議会や委員会と違い、偽証罪に問われることもある百条委。知事は感情的だった1月の県議会とは対照的に感情を抑えて答弁した。込み入った議論になるたび、法律に基づいた判断だ-とかわした。