開会中の第71回沖展の関連イベントの陶芸教室が30日、ANAアリーナ浦添(浦添市民体育館)1階屋外広場であり、親子連れらがろくろ体験や面シーサー作りに参加し、にぎわいを見せた。 沖展会員の島袋常栄さん(76)らの指導の下で、子どもたちは、真剣な表情でろくろを回したり、土をちぎったり。