解剖や、死体の外表・病歴などから死因を判断する検案に関わる人手が足りない。沖縄県警が取り扱う死体のうち解剖に回す割合(解剖率)は2018年、7年連続全国3位と高い水準を維持する。一方、沖縄県内で解剖に当たる執刀医は3人しかおらず、検案を担う医師も数が少ない。