沖縄県うるま市は19日、同市石川多目的ドームで開かれたうるま祭り闘牛大会の開会式で「闘牛のまち宣言」を発表した。市の伝統文化である闘牛をまちづくりに生かし、観光資源として活用することが目的。島袋俊夫市長が宣言すると、会場を訪れた約3千人の闘牛ファンからは大きな拍手が送られた。