県が999万9千人と発表した2018年度の観光客数が、航空会社の報告漏れで1千万人を超えていた。いち早く数値の誤差を突き止めたのは、観光情報を専門に取り扱う「沖縄観光速報社」(那覇市)編集長の渡久地明氏(61)だった。