名護市辺野古の新基地建設を巡り大浦湾側で確認された軟弱地盤。県はここに護岸を建設すれば倒壊の危険性や埋め立て地が液状化する危険性があると指摘するが、政府は有識者の「お墨付き」を得て工事の正当性を補強する構えだ。