辺野古新基地建設に反対し、米軍キャンプ・シュワブゲート前で座り込みを続ける島袋文子さん(90)は一番乗りでゲート前テントへと足を運び、土砂投入から1年となる14日の抗議集会に参加した。参加者との交流に笑みを浮かべるも、サングラス越しの表情はふさぎがち。