NAHAマラソン協会は22日、新型コロナウイルス感染防止に役立ててもらおうと、マスクとフェースシールド各400個を大会協力医療機関9カ所にそれぞれ贈った。医療物資不足を踏まえ、同協会チャリティ基金審査委員会が広域災害支援として決めた。