沖縄地方は23日、梅雨前線や低気圧の影響で大雨が降るなどの荒れた天気となった。前日からの48時間雨量は23日午後8時半までに南大東島で289・5ミリ、北大東島で283・5ミリ、同日午後6時10分までに竹富町西表島で222・5ミリとなり、いずれも5月の観測史上最大を記録した。