今年1月、豚熱(CSF)発生で3千頭余の殺処分を経験した喜納農場(沖縄市)の喜納忍代表が8月から、キッチンカー「Kinner’s(キナーズ)」による飲食事業に乗り出す。大切にしていた豚をすべて失った今「県産食材に目を向けさせて、地産地消を盛り上げたい」と奮起。