防衛省統合幕僚監部は22日、自身の公式ツイッターで、沖縄県から新型コロナウイルス対策について追加の派遣要請を受け、同日から陸上自衛隊西部方面隊の看護官ら5人を新たに派遣すると発表した。