[解説] 首里城火災の再発防止を検討する第三者委員会が30日に県へ提出した報告書は、首里城が火災に弱いという認識が薄いなかで設備整備や管理運営がされていたことを示した。その上で、指定管理者へ防災を任せる体制見直しの検討に言及。防災体制を根底から検討するよう求めた。