沖縄県警は18日、糸満市内の民家で同居する高齢で寝たきりの父親=当時(81)=が亡くなっているのを知りながら、2年近く遺体を室内に放置したとして、長男で無職の男(49)=糸満市=を死体遺棄の疑いで逮捕した。「遺体を放置したのは間違いない」と容疑を認めているという。