厚生労働省が21日、5~11歳の子どもに接種する新型コロナウイルスワクチンの特例承認を発表した。「第6波」が猛威を振るう県内では10歳未満の感染者の割合も高まっている。政府は早ければ3月にも接種を始める見通しだ。保護者らからは「情報が少ないので様子見したい」など慎重な意見が多く上がっている。