沖縄防衛局が名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沿岸部を埋め立てる護岸建設工事に着手したことを受けて、翁長雄志知事は25日午後、沖縄県庁で会見し、「防衛局が事前協議に応じずに護岸工事を強行したことは許し難い」と述べ、工事の差し止め訴訟を起こす考えを改めて示した。