中学、高校の部活動が変革の時期を迎えている。教員の負担軽減や専門的指導を求める声から民間の指導者が増加。政府も民間人材の活用や時短、けが防止などを重視する部活動改革を推進する。クラブチームも興隆し、生徒の選択肢が増える中、部活動の在り方はどう変わっていくのか。新しい「部活のカタチ」を探る。