6月は、LGBTQなど性的マイノリティーの「プライド月間」です。守らなければならない権利の一つとして「就労」が挙げられます。厳しい雇用環境や社会の無理解に苦しむ当事者の実像を追いました。