病気や障がいのある家族の介護、きょうだいの世話などを担う子ども「ヤングケアラー」。年齢や成長に見合わない責任を負い、進学や就職を諦めるケースもあり、支援態勢の構築が求められている。当事者たちはどんな現状にあるのか。