マニフェストスイッチ

政策で選ぶ

新垣光栄

基本データ

選挙区中頭郡区
玉城県政への立場与党
趣味朝市の手伝いなど地域活動
勝負メシ妻が作るカレーライスとカツ丼。高校1年生のときから食べている
好きな場所海も山もある中城村

政策注力分野

基本的な考え

政治家を志した理由 『地域への恩返し』 私たちは、娘4人の子育て真っ最中に幾度となく大変な時期がありましたが、地域の皆さんの心温まる励ましと協力を得て、地域の皆さんと一緒に子育てを楽しむことができました。現在、孫も3人授かり平凡な生活を地域の皆さんと一緒に過ごしています。地域の皆様からの推薦を受けて恩返しのため、私は政治家を目指しました。      私は、地域の小さな心配事が共通認知された時、日本の最重要課題であると認識して政治を行い。政治は、私たちの生活以外のなにものでもない。 『政治が変われば、暮らしも変わる』を原点に政治を志す。
地域のありたい姿 すべては、次世代を担う子どもたちのために  沖縄は自然の恵まれ、先人から引き継がれた豊な歴史・文化があり、そして地理的優位性の高い地域です。その魅力・潜在力をさらに磨きあげ、沖縄が快適でお年寄りにやすらぎがあり、子どもたちに夢の持てる自立した沖縄を目指します。 『夢のあるまちづくり』  まち・ひと・しごと  沖縄県の21世紀ビジョンに掲げる 世界水準のリゾート型観光地とは、量から質への転換であり、SDGs持続可能な地域づくりである。『安全なまちに、ひとが育ち人財となる。快適なまちに、しごとが生まれ企業が集積する。』 快適で自立する沖縄 
解決したい課題 ①最優先 県民の命と暮らしを守るため、新型コロナウイルス感染症解決に向けた、沖縄県独自の検査・隔離対策と拡大防止対策、経済対策を全力で取り組んでいく。 終息後、沖縄はかつて経験したことのない時代の転換点を迎える。今後、こうした厳しい時代に立ち向かっていくため、県民の皆様と情報を共有し議論のなかで、財政規律を堅持しつつも未来への投資(教育・子育て・社会基盤整備)には重点的に財源を配分し、大胆かつ堅実な施策を早急に行う必要がある。 そのためには、②教育施策、子育て支援、少子化対策 ③ 新たな沖縄県全土の地域特性を考慮したゾーニング(土地利用計画)の創設等の課題解決に取り組んでいく。                  

具体的な政策

解決するための重要政策(1)
-5.中小企業政策
-6.景気対策
-51.その他
・新型コロナウイルス感染症対策、県民の命を守るため、
①県独自のPCR検査免疫センター設置・既存ホテルの活用で隔離対策 
②医療提供体制支援 
③各自治体の給食センター等の公共施設機能の活用で、県民・困窮者向けで支援強化
④国・県・各市町村の連携強化で効果的な、事業者・生産者向けの支援など、緊急施策の推進・終息後、県民の暮らしを守るため、アフターコロナで中小企業の支援、景気対策が重要な施策となる。
⑤中小企業施策として、新たな給付・融資制度の創設、課税の特例等の措置導入を推進。
⑥景気対策として、次期振興策において、沖縄振興特別措置法中に、域内経済循環システム構築のため特例措置導入を推進
解決するための重要政策(2)
-15.少子化対策
-16.子育て支援
-17.教育政策
・教育政策 確かな学力を身に付け「生きる力」を育む教育施策 
①コミュニケーションツールとして外国語みにつける教育の推進のため、県全体を特区指定し、大学・高校教育のカリキュラム変更に取り組む。
②沖縄への愛着と誇り育む、歴史・文化・スポーツ教育を推進。
・育て支援 待機児童ゼロを目指して、保育士の処遇改善、子育て世代包括支援センター設置等の保育所行政の充実を図るとともに、子どもたちが心豊かに育っていける支援を取り組む。
・少子化対策 子どもの成長に応じた子育て支援策を推進。 
①出産費用の負担軽減、児童手当の増額、病児・病後児・障害児保育等の拡充、奨学金の充実、子育て支援税制措置の後押しを図る
解決するための重要政策(3)
-8.公共交通(鉄道・バス)整備
-38.地域コミュニティづくり
-50.地方分権・創生
・地域コミュニティづくり 公民館・自治公民館を利活用して「地域・生活力」のあるまちづくりを推進。
①自治体の末端行政を担い、地域のSDGs持続可能な発展を支えている公民館運営の拡充、改革に取り組む。
②多世帯住宅政策の促進。 
・公共交通(鉄道・バス)整備 SDGs持続可能な地域づくりの要となる公共交通整備を推進。
①モノレールの延伸・ループ化で、大型MICE施設誘致と中南部交通渋滞緩和とコンパクとシティの実現、
②東海岸へのLRT導入で、県土の均衡ある発展とサンライズ構想(東海岸地域)早期実現、③西海岸への鉄軌道の導入で、北部振興、移動利便性の向上、駐留軍用地跡地のまちづくりの促進 
・地方分権・創生 沖縄に真の住民自治を取り戻し、沖縄の発展可能性の阻害要因になっている基地問題の解決(建白書の実現、日米地位協定の改定)に取り組み、地方創生を推進。

重要政策

(1)県民の命を守るための新型コロナウイルス感染症対策  新型コロナウイルス感染症から県民の命を守るため、
①県独自のPCR検査免疫センター設置・既存ホテルの活用で隔離対策 
②医療提供体制支援 
③各自治体の給食センター等の公共施設機能の活用で県民・困窮者向けで支援強化 
④国・県・各市町村の連携強化で効果的な事業者・生産者向けの支援。緊急施策の推進
(2)県民の暮らしを守るためのアフター新型コロナウイルス感染症対策  終息後、県民の暮らしを守るため、アフターコロナで中小企業の支援、景気対策が重要な施策となる。
①中小企業施策として、新たな給付・融資制度の創設、課税の特例等の措置導入を推進 
②景気対策として、次期振興策で、沖縄振興特別措置法の中に、域内経済循環システム構築のため特例措置導入を推進。 
(3)教育政策、子育て支援、少子化対策 教育政策 確かな学力を身に付け「生きる力」を育む教育施策 
①コミュニケーションツールとして外国語みにつける教育の推進。
②沖縄への愛着と誇り育む教育を推進。育て支援、待機児童ゼロ、世代包括支援センター設置等、子どもたちが心豊かに育っていける支援を推進。
少子化対策
子どもの成長に応じた子育て支援策を推進。
(4)公共交通(鉄道・バス)整備  SDGs持続可能な地域づくりの要となる公共交通整備
①モノレールの延伸・ループ化で、大型MICE施設誘致と中南部交通渋滞緩和、コンパクとシティの実現
②東海岸へのLRT導入で、県土の均衡ある発展とサンライズ構想(東海岸地域)早期実現、
③西海岸への鉄軌道の導入で、北部振興、利便性の向上、駐留軍用地跡地のまちづくりの促進
(5)地域コミュニティづくり、地方分権・創生  末端行政を担う自治公民館を利活用して「地域・生活力」のあるまちづくりを推進と多世帯住宅政策の促進。
地方分権の推進で、沖縄に真の住民自治を取り戻し、
沖縄の発展可能性の阻害要因になっている基地問題の解決(辺野古反対、建白書の実現、日米地位協定の改定等)に取り組み、まち・ひと・しごと地方創生で自立を推進。