マニフェストスイッチ

政策で選ぶ

平良昭一

基本データ

選挙区国頭郡区
玉城県政への立場与党
趣味野球、ゴルフ、旅行
勝負メシ野菜チャンプルー
好きな場所やんばるのきれいな海

政策注力分野

基本的な考え

政治家を志した理由 青年活動時代に若者の意見を取り入れない状況があり、このままでは地域の発展が阻害されることになると感じ、若者の発展的は意見を地域行政に反映させたい為に議員に立候補した。
地域のありたい姿 暮らしている地域の観点がほとんど無視されている状況であり、格差社会をなくし、子どもからお年寄り、障がい者まですべての方々が平穏に安心して暮らせる地域づくりが必要である。
解決したい課題 ・県民無視で進められている辺野古の新基地建設問題
・沖縄の独自産業の発展と雇用条件、労働環境の改善
・子どもの貧困問題
・北部地域の医療格差の改善

具体的な政策

解決するための重要政策(1)
-3.年金政策
-17.教育政策
-41.観光振興
コロナで混乱した経済の立て直し。
解決するための重要政策(2)
-1.医療政策
-7.道路網整備
-15.少子化対策
地域格差の改善(経済・医療・福祉・教育等)
解決するための重要政策(3)
-48.憲法
-49.外交・安全保障
-50.地方分権・創生
辺野古新基地ストップを含む基地の負担軽減

重要政策

(1)北部基幹病院の早期実現 中南部地域との医療格差の是正
北部地域の医師・看護師の確保
離島医療・救急医療体制の強化
病床450の確保と医療設備の整備
急性期・終末期医療の拡充
離島・遠隔地の患者家族の宿泊施設の確保
ドクターヘリの再稼動
(2)辺野古新基地建設反対 沖縄建白書の理念(オスプレイ配備撤回・普天間基地の閉鎖、返還・県内移設断念)を実現させ、県民の命とくらしと誇りを守りぬく
玉城デニー知事と共に辺野古新基地建設をストップさせ、これ以上の基地機能強化を許さない
辺野古新基地建設をストップさせることにより生じる莫大な費用を新型コロナウイルスから県民の命と暮らしを守るために使う
米軍基地から派生する事件や事故、騒音対策に全力で取り組む
ホープスポットにも認定された多様性に富む大浦湾の自然破壊を許さない
(3)やんばる(北部地域)の産業振興 やんばるフランドを確立し、生産・加工・流通・販売にいたるまでの一体的な事業への取り組みを推進し強化する
若い農林水産業者育成に対する支援事業を創設し、生産基盤の整備・保全に尽力する
耕作放棄地の有効活用に向けた抜本的な対策を構築する
学校給食や観光客宿泊施設等での食材使用において地産地消を推進する
やんばるの魅力を発進する着地型体験交流観光を導入し民泊事業も充実強化を図る
やんばると奄美大島などの琉球弧を網羅した広域観光を推進する
やんばるの雇用施策の充実と労働環境の改善を図る
南北縦貫鉄軌道の施行を実現し、県土の均衛ある発展のため活性化事業を促進する
やんばる地域の通信格差の是正に取り組む
(4)教育・社会福祉・子育て支援 きめ細やかな指導が出来る少人数学級の導入を勧め、子どもの成長をサポートする体制を作る
教育課程において、沖縄の歴史・伝統・文化を学ぶカリキュラムを充実させる。
北部地域の県立高校を存続させる
給付型奨学金を導入し、給食費と制服の無料化をすすめる
高齢者・障がい児・者への福祉政策を充実させ、障がい者に対する職業的自立を促進する
生涯スポーツ支援と青年会活動の拠点づくりを図る
待機児童解消のため予算を確保し、保育士の労働条件も改善する
地域の宝である子供の医療費を無償化する
新型コロナウィルスの感染拡大の防止策を講じるとともに、その影響による生活困窮者に対する迅速な支援を行う
(5)やんばるの自然環境の保全 住みよい地域づくり 北部水源地域に対する基金を復活させ水環境を整備する。県民の命の源である北部の水ガメの、より安全な水質を保全する
世界自然遺産登録(奄美・徳之島・沖縄・西表島)を実現させ、やんばるの希少植物・生物の保全、保護に取り組む
赤土対策、漂着ごみ対策、サンゴ礁保全再生事業で美しい海を守りぬく
自然エネルギー立県をめざし、太陽光・風力・バイオマス発電等の導入を促進する
持続可能な開発目標(SDGs)の実現に取り組む
海岸・河川等の保全を図り、災害対策に取り組む
男女共同参画社会の実現推進
LGBTsに対する差別を解消しジェンダー平等社会の実現を目指す
各行政区へのAED設置を促進する
やんばるの過疎地域の生命線である共同売店の支援事業を構築する