マニフェストスイッチ

政策で選ぶ

大城民夫

基本データ

選挙区島尻・南城市区
玉城県政への立場与党
趣味旅行(国内)。リフレッシュできる。
勝負メシゴーヤーチャンプルー(母がつくる味)
好きな場所玉城城跡から眺める景色。中南部を見渡せる。

政策注力分野

基本的な考え

政治家を志した理由 父(元村長)と祖父(父の養父・元県議)が政治家でその影響を受ける。また、地元本島南部地域の立ち遅れたインフラ整備を目の当たりにして、地域の人達の為に働きたいという気概が常にあった。さらには家庭の格差が教育の格差となっている現状に対し、子供たちの為にスタートラインだけは公平にしたいと思った。
地域のありたい姿 沖縄全体としては、東アジアの中心に位置する優位性を活かし経済、教育、文化等あらゆる分野で誇りある豊かさを実現したい。本島南部地区としては那覇近郊という優位性を活かし、市街地及び住宅地に自然と一次産業を調和させた独自の住みよい街づくりに取り組む。
解決したい課題 これまでの振興策では置去りににされてきたソフト面即ち県民所得、非正規雇用、子供の貧困等の問題を解決したい。また、農業の基盤整備を進めるなどして、それを魅了あるものとし若手の農業離れを食止め活性化させる。さらには本島南部地域の立遅れたインフラ整備に取り組む。新型コロナ対策・支援を強化する。

具体的な政策

解決するための重要政策(1)
-18.農業政策
-20.漁業政策
-
農業漁業の基盤整備を進める。地域の特産物をブランド化すると共に国内外に販路を拡大し農家の収益力アップを図る。災害による被害克服のため高機能型栽培施設の導入を推進する。6次産業化、循環型農業の導入に取り組む。
解決するための重要政策(2)
-16.子育て支援
-17.教育政策
-51.その他
教育関連基金を増額させ、子育て支援、子供の貧困対策を充実させる。給付型の奨学金を増額させ、また対象者を広げる。保育園のを拡充・増設し待機児童の解消を図る。保育現場の待遇改善に取り組む。新型コロナによる影響・被害を受けた患者、医療、県民生活、企業、経済、教育等全ての分野での支援・再建に取り組む。
解決するための重要政策(3)
-7.道路網整備
-8.公共交通(鉄道・バス)整備
-51.その他
南北縦断鉄道の導入を目指す。また与那原町おけるMICEの早期の着工、それに連動させ路面電車の敷設を推進する。さらには八重瀬町へも路面電車の敷設を提唱していく。南部地域のインフラ整備の前提として住民のニーズに合わせ市街化調整区域の見直しを図り必要な範囲で宅地化・市街化を進める。

重要政策

(1)南部地域のインフラ整備 選挙区4市町(南城市、八重瀬町、南風原町、与那原町)のインフラ整備及び産業振興の前提として3町の市街化調整区域見直しを進める。ただ、都市計画法の趣旨からあくまで住民のニーズに応じたものでなければならず、節度があり且つ最小限の形で進める。
(2)観光と住民生活の両立 沖縄の主産業である観光業の更なる振興を図り、同時に①質の向上、②収益の受け皿作りとして地元業者の育成を目指す。観光公害から県民の生活、環境を守るための方策も講ずる。カジノには反対し真に持続可能な観光の樹立を図る。
(3)歴史と文化芸能 地域の歴史と文化・芸能を観光や市民講座等に活かしていく。また、伝統芸能の保存・承継に取り組んでいく。更には沖縄が世界に誇る伝統空手についてはユネスコの「無形文化遺産遺産」登録を目指す。
(4)雇用の創出と県民所得 企業を誘致し、雇用を創出するとともに若者の定住を図る。正規雇用の拡大、県民所得の向上を目指す。IT企業についいては受入れ地域を増やすと共に、企業育成と人材育成に取組み国際競争力を高める。
(5)平和と人権 デニー知事と共に建白書の実現に取り組む