マニフェストスイッチ

政策で選ぶ

嘉手苅生佳

基本データ

選挙区那覇市・南部離島区
玉城県政への立場中立
趣味料理、物作り
勝負メシステーキ
好きな場所神社仏閣

政策注力分野

基本的な考え

政治家を志した理由 5年前まで投票すら行かなかった私は、政治家は誰でも同じだと思っていました。そんな中、自分や友だちが困っている事をきいてくれる身近な先輩方と出会い私が思った事。それは、強き者が強き者を助けるのではなく、強き者が弱き者を助ける沖縄をつくりたい、多くの声で沖縄を盛り上げたい。それが政治家を志した理由です。
地域のありたい姿 子どもの貧困は大人の貧困でもあります。生活に余裕がなければ、家族や仲間が集まっても選挙や政治の話にはなりません。今が精一杯だからです。若い人の声もきき、先輩方の知恵と融合させ、地域そして沖縄をもっと豊かにしていく。しっかり課題に光をあて、解決することが将来の沖縄の発展に必要不可欠です。
解決したい課題 新型コロナウイルスにより大きな打撃、影響を受ける私たちの生活・経済活動。そして、子育て、教育、社会福祉、県民所得など生活優先で取り組むべき課題です。

具体的な政策

解決するための重要政策(1)
-
-
-
新型コロナ緊急支援策として、①特別定額給付金の追加実施、②第2・3波に備えたオンライン授業のインフラ整備、③県議会議員の給与等5割削減、④感染発生の飲食店・事業者むけ支援、⑤経済活性化にむけた生活・消費喚起支援、⑥感染者へのプライバシー保護の徹底。
解決するための重要政策(2)
-
-
-
①子育て全国ナンバー1の街づくりを推進し、公平な高等教育プログラムの創設、②県立高校の義務教育化、③ICT環境整備の整備、③障がい児支援制度の充実、④留学・進学時の支援拡充、⑤貧困家庭への塾・クラブ活動支援
解決するための重要政策(3)
-
-
-
①新産業投資を支援するための若手企業家を集めた産業ビックバンサミットの開催、②消費税減税特別特区の創設推進、③地方創生事業を活用した通り会の活性化、④中心市街地のさらなる活性化の推進、⑤離島における生活必需品の輸送費大幅低減、⑤首里城再建と火災再発防止策の策定

重要政策

(1)全国ナンバー1の子育て環境の整備 ①子育てONT TEAM創設 ②保育士の待遇改善 ③認可外保育園の支援拡充 ④ひとり親家庭へのさらなる支援、⑤夜間保育園支援、⑥不妊治療の支援拡充、⑦学校施設の改修・建て替え、⑧男性の家事・育児の推奨
(2)公平な高等教育プログラムの創設 ①ITC教育環境の整備、②県立高校の義務教育化、③貧困家庭への塾・クラブ活動支援、④障がい児支援制度の充実、⑤保育・給食費・医療費の無償化、⑥留学・進学時の支援拡充、⑦差別・いじめの撲滅、⑧OISTや国立沖縄高専との連携強化
(3)イノベーションを起こす新産業への投資 ①若手企業家による産業ビックバンサミットの開催、②OKINAWAブランド創出プロジェクト、③伝統文化の産業振興、④スタートアップ事業への支援強化、⑤鉄軌道南北横断線の早期実現、⑥スマート・テクノロジー産業支援、⑦民間宇宙開発産業の支援・誘致
(4)消費税減税特別特区の創設推進 ①東京なみの水光熱費の低減、②地方創生事業を活用した通り会の活性化、③中心市街地のさらなる活性化の推進、④離島における生活必需品の輸送費大幅低減、⑤通り名の命名権(ネーミングライツ)導入による地域の新たな財源確保、⑥自治会改革(建て替え補助の拡充、自治会プラットフォームの創設)
(5)多様性を受け入れるダイバーシティ社会の実現 ①高齢者が活きる地域包括ケアシステムの拡充、②障がいのある方への公的サービスの見直しと多面的支援の実施、③生活支援者へのバックアップ体制と社会福祉サービスの拡充、④介護スタッフの人材確保度支援、医療機関の診療体制強化と感染予防対策等包括的支援、⑤低額の小型バスや乗合タクシーへの支援