マニフェストスイッチ

政策で選ぶ

垣花豊順

基本データ

選挙区那覇市・南部離島区
玉城県政への立場与党
趣味ジョギング、畑仕事
勝負メシワイフのチャンプルー
好きな場所故郷宮古島の保良の海。泳いで遊ぶ

政策注力分野

基本的な考え

政治家を志した理由 私は政治家ではないし、86歳の高齢者なので県議選に立候補することは考えたこともありませんでした。しかし、今回の県議選は沖縄の次世代に大きな影響を及ぼすと考えられるので、いずれの政党にも属しない中立の立場で、戦前教育・戦争体験者の代弁者のつもりで立候補しました。
地域のありたい姿 第32軍司令部壕の保存と公開①首里城と一体化して保存する ②平和教育に活用する ③観光の資源とする
解決したい課題 ①首里城公園内に存在する旧陸軍第32軍司令部壕は広島の原爆ドームと同じように「負の世界遺産」として保存・公開すべき重要な戦跡だと考えます。②知事公室は平成9年10月に「第32軍司令部壕保存・公開基本計画」を策定しています。壕を平和教育に役立て、人々の心に平和の砦を築くことが是非とも必要です。③平和を希求する県民の姿勢こそが沖縄の魅力そのものであり、第32軍司令部壕は国内外にアピールする観光資源になると信じます。

具体的な政策

解決するための重要政策(1)
-48.憲法
-
-
日本で唯一の地上戦が行われ、多くの一般市民が巻き込まれた沖縄県民の代表として、日本国憲法第9条の遵守を強く訴え、恒久的な平和の維持に全力をそそぎます。
解決するための重要政策(2)
-17.教育政策
-
-
沖縄県の将来を担う子供達の教育は、沖縄県の最重要課題だと考えます。歴史の真実をありのままに伝えること、情報の制限のない自由な社会を維持することを強く訴えます。戦前の教育は「天皇陛下バンザイ」「兵隊ススメススメ」で、その結末は第32軍司令部壕に凝縮して遺されています。戦争は新型コロナウイルスの何十倍もの被害をもたらし、多くの人の命を奪ったことを忘れてはならないのです。
解決するための重要政策(3)
-41.観光振興
-
-
首里城公園と地理的に一体として存在する第32軍司令部壕は、広島県にある原爆ドームと同じように「負の遺産」として保存・公開されるべき重要な戦跡だと考えます。2026年に完成予定の首里城復興モデルでは、第32軍司令部壕は存在しないことになっています。平和教育に重要な戦跡を置き去りする首里城正殿の再建は、隠された危険な遺産を次世代に遺すことになりかねません。戦争の城であった地下壕の真実を整備公開することが、恒久平和のシンボルとしての首里城の真の再建に繋がると考えます。

重要政策

(1) ①首里城公園内に存在する旧陸軍第32軍司令部壕は広島の原爆ドームと同じように「負の世界遺産」として保存・公開すべき重要な戦跡だと考えます。②知事公室は平成9年10月に「第32軍司令部壕保存・公開基本計画」を策定しています。壕を平和教育に役立て、人々の心に平和の砦を築くことが是非とも必要です。③平和を希求する県民の姿勢こそが沖縄の魅力そのものであり、第32軍司令部壕は国内外にアピールする観光資源になると信じます。
(2) 沖縄県の将来を担う子供達の教育は、沖縄県の最重要課題だと考えます。歴史の真実をありのままに伝えること、情報の制限のない自由な社会を維持することを強く訴えます。戦前の教育は「天皇陛下バンザイ」「兵隊ススメススメ」で、その結末は第32軍司令部壕に凝縮して遺されています。戦争は新型コロナウイルスの何十倍もの被害をもたらし、多くの人の命を奪ったことを忘れてはならないと考えます。
(3) 首里城公園と地理的に一体として存在する第32軍司令部壕は、広島県にある原爆ドームと同じように「負の遺産」として保存・公開されるべき重要な戦跡だと考えます。2026年に完成予定の首里城復興モデルでは、第32軍司令部壕は存在しないことになっています。平和教育に重要な戦跡を置き去りする首里城正殿の再建は、隠された危険な遺産を次世代に遺すことになりかねません。戦争の城であった地下壕の真実を整備公開することが、恒久平和のシンボルとしての首里城の真の再建に繋がると考えます。
(4)
(5)