パラリンピック

東京2020パラリンピックの沖縄タイムス特設ページです。沖縄からは車いす陸上男子の上与那原寛和選手(50)=沖縄市、SMBC日興証券=と、車いすマラソン女子の喜納翼選手(30)=うるま市出身、タイヤランド沖縄=が出場。大会期間は2021年8月24日(火)~9月5日(日)。県出身選手の最新ニュースやプロフィール、競技スケジュールなどの情報をお届けします。

東京五輪に出場した沖縄選手の記事はこちら ≫

上与那原寛和 Ueyonabaru Hirokazu

うえよなばる・ひろかず 1971年5月、沖縄市生まれ。28歳の時にバイク事故で首を骨折し、頸椎(けいつい)を損傷。リハビリで31歳から競技を始めた。パラリンピック北京でマラソン銀、ロンドンで800メートル7位、リオで1500メートル4位。

4大会連続出場の50歳 トラックで初のメダルへ

喜納翼 Kina Tsubasa

きな・つばさ 1990年5月、うるま市生まれ。具志川東中、コザ高時代はバスケットボール県代表。沖国大生だった2010年、トレーニング中の事故で胸椎骨折。13年に車いす陸上を始め、19年に1時間35分50秒の日本新記録を樹立した。

初出場の喜納翼、感謝を胸に大舞台で羽ばたく

試合日程 Schedule

上与那原寛和選手

車いす陸上
8月27日(金)

9時30分~12時50分

19時30分~22時

陸上男子T52 400予選

同決勝

8月29日(日) 19時~22時5分 1500決勝

喜納翼選手

車いすマラソン
9月5日(日) 6時30分~11時30分 女子マラソンT54  

 

メダル Medal

これまで沖縄出身メダリストは3人 「金」なら初の快挙

 

記事一覧 News

1〜18件/18件