大震災

1923(大正12)年9月1日午前11時58分に発生。マグニチュードは推定で7.9。震度は7から6弱。近代化した首都圏を襲った唯一の巨大地震で、南関東から東海地域に及ぶ広範な地域に被害が発生した。死者10万5385人、家屋被害は29万3387件に上り、電気や水道、道路、鉄道などライフラインも甚大な被害を受けた。相模湾周辺と房総半島の南端では最大高さ12メートル(熱海)、9メートル(館山)の津波が発生した。昼食時に起こったこともあり、かまどや七輪から同時多発的に火災が発生した(内閣府HPから)。

1〜1件/1件